富士箱根伊豆国立公園 環境省の自然学校第1号!田貫湖ふれあい自然塾

自然情報

にほめ

コテージ

0544-54-5410

お問合わせフォーム

2017年9月15日 小田貫湿原

がんばれ!アズマヒキガエル!

 

 

写真は春うまれのアズマヒキガエル。

小豆サイズだったのがこんなに大きくなりました!

厳しい自然界、幾多の危機を乗り越えてきたはず。

これからもその生活は続きます。頑張ったね!そして頑張れ!

と声をかけてあげたくなりますね。

2017年9月10日自然塾敷地内

タマゴ?キノコ?

 

 

地面からタマゴが生えてきた!?

いいえ、これはタマゴタケというキノコの仲間。

さらに成長すると真っ赤なかさをつけた立派な姿に!

もちろん、食べられておいしいです。

ただし、形の似た毒キノコもあるのでご注意ください。

2017年9月5日 田貫湖畔 

ハチに出会ったら石になれ!

 

 

9月に入ると、スズメハチやアシナガバチの仲間は活動が活発になります。

新女王が誕生して、新たな命を育む交尾が始まるのです。

刺されると痛いので、ハチに出会ったら 石のように動かないで、

彼らの行動をじっと見守ってね!!


2017年8月30日小田貫湿原

暑さに負けず、大きくなるぞ!

 

 

夏の森を歩いていると、小さな木の実を発見!なんと可愛らしいドングリです。

秋に向け暑さに負けず、只今ぐんぐん成長中!

とんがり帽子に緑色の小さなドングリが見れるのはこの時期だけ!

ぜひお散歩しながら探してみて下さいね♪

2017年8月20日田貫湖畔

夏の花火!

 

 

写真は、夏の花の中でも特に美しいシシウド。

中心から、花が広がって、その花がまた線香花火のように、

散りながら咲いている♪しかもこの花火、昼間に見たいだけ見ることができるのです。

夏の花火を見に、お散歩はいかが??

2017年8月15日自然塾敷地内

田貫湖の避暑地!

 

 

暑い日にオススメなのが、自然塾の散策路。

森の中にある道は、夏の暑さを忘れてしまう程の涼しさで歩きやすい。

セミの鳴き声も心地よく聞こえ、太陽に照らされる木の葉も

ステンドガラスようにきれいですよ♪

ぜひ、訪れてみて下さい。

自然塾敷地内2017年07月30日

うつぼ??

 

 

ウツボグサ。「うつぼ」って何?魚の名前?

そう思う人も多いと思いますが、じつは昔の弓矢の矢を入れたいれ物のこと。

竹で編んだ模様がそっくりだったことから名づけられたとか。

生物の名前の由来、調べてみると、おもしろいですよ!

小田貫湿原2017年07月25日

大きな目がステキでしょ♪

 

 

クモの中には糸を張らないクモがいるのです。

写真のハエトリグモはそのタイプ。

糸を張るのと違って狩りをして獲物を捕らなければならないため、

とても目が大きいのです。

つぶらな瞳に恋してしまうハエトリグモマニアもいるのだとか!

田貫湖畔2017年07月20日

忍法姿隠しの術!!

 

 

「忍法姿隠しの術」がお得意の、こちらナナフシモドキ。

忍者も華麗に変身する女優もびっくり!

してしまうくらい枝になりきって敵から身を守っています。

動きがゆっくりなので、虫の苦手な方でも仲良くなれるオススメの昆虫です♪

田貫湖畔2017年07月15日

おとなの階段のぼりました!

 

 

今の時期、田貫湖を散歩していると、

手すりに写真のような抜け殻があちこちに見られます。

これはトンボが大人になった証拠。

水の中で過ごしていた子供時代から大空へ

はばたく大人になった証なのです♪ぜひ、見つけてみてね♪

<< 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> 49ページ中14ページ目